住居以外の不動産ブローカー

特にハノイとホーチミン市、全国の投資してきた日本人の投資家は、現在、都市部の不動産プロジェクトへのFDI資本流入をリードしています。

2018 年の上期6か月の計画投資省の海外投資局(FIA)のデータによると、不動産事業への外国直接投資(FDI)は55.4億米ドルに達し、登録投資資本総額の27.3%を占めた。

日本の投資家は2014年から現在に至るまで、ナムロン、アンジア、ティエンファット、ホアビン、フックカン、BRGなどの多くの現代的な住宅プロジェクトを開発するために、全国の不動産市場での多くの大手企業と協力してきました。そこに止まらず、日本の投資家はダナンとフーコックのホテルやリゾートプロジェクトを開発するために、より多くの投資資金を費やしています。

梅田邦夫様―駐ベトナム特命全権大使によると、日本人投資家に対して将来ベトナムも魅力的な投資市場だと認定されています。日本企業は今後もベトナムに投資される分野は工業、ハイテック(自動車製造、自動化、小型ロボット)があります。そういう分野は日本企業が大きな利点を持っています。第二目はホテル、レストラン、飲食、ショッピング、ビューティなどのサービス産業です。ベトナムでの消費者需要はどんどん高くなっているとともに国内の経済発展のおかげで住民の収入も上がっていきます。第三目は農業です。