日本人のお客様に賃貸不動産

現在、ベトナムに滞在している日本人顧客は観光旅行の目的だけではなく、投資目的を持ちベトナムに来る人も多いです。投資計画省の資料によると、2018年の最初の8ヶ月間で新たに登録された資本、資本拠出、および外国投資家の株式購入(FDI)は 243.5億米ドルその内に、日本が第一位であり、総投資資本は70億米ドルであり、総投資資本の28.8%を占めています。

投資家は駐在員事務所を探して借りることに加えて、ベトナムに在日する期間も長いのでホテルに滞在するに代わってアパートを賃貸するという要望の方が多いです。日本人顧客はマナーが良くアパートを賃貸するときはいつも気が利くなるので、賃貸されるアパートが厳格なセキュリティの条件、完全な設備を備える必要があります。JOC SAIGON は日本人顧客の要望をよく理解しているので、完全 ‐ 便利的なアパートの紹介;便利な交通場所を紹介して日本人顧客の最高の条件を満たします。その他、JOC SAIGON は日本語を通訳するスタッフもいるので資料の翻訳することを援助して、日本人顧客の満足を保証します。